梅雨の雨がほこりっぽい春の空気を洗い流した後は、あっという間に夏がやってきます。

高い湿度と熱気で肌はベタベタに‥。

でも、そんなジットリ感に惑わされていると、夏場特有の「渇水肌」になってしまうかもしれません。 

湿度・温度ともに高い夏場は肌表面の「乾燥感」が少ないため、あまり保湿に気を使わないという人も多いのではないでしょうか。

確かに、カラカラに乾燥した冬場とは違い、肌表面にはそれなりの水分があることは事実です。

ところが、これこそが意外な落とし穴なんです。

夏の肌は気づかないうちに肌の保水力が低下しがち。 

外気の湿度が高い夏場でも、冷房の効いた室内はぐっと湿度が下がります。

ところが、汗のあとのべ夕つきなど、肌表面に残る水分や皮脂がもたらす「しっとり感」があるために、肌の内側で進行している乾燥に気づかないことが多いのです。

また、強い紫外線の影響により肌内部の保水力が低下したり、汗をかくことでも、肌の乾燥につながります。

洗顔のしすぎも禁物で、1日3回以上の過度な洗顔は控えた方が無難です。

汗はこまめに柔らかいタオルで軽く押さえ、肌の清潔を保ちましょう。

また、重いクリームは控えめにして、軽めの使用感のジェル化粧水をたっぷり使って保湿をするのがおすすめです。

エムキュアプラスのスキンケアラインでお手入れして、貯水肌へと導きましょう!