エムキュアプラスを使ってみました!

エムキュアプラスを試してみた感想です。 植物発酵エキスを配合した万田酵素 化粧品 エムキュアプラストライアルセットを取り寄せてみました。 使用感や効果を詳細まで体験レポ!

エムキュアプラスの効果的な使い方

エムキュアプラス保湿アイテムの効果的な使用法

空気が乾燥してますね~こんな季節の保湿対策にはエムキュアプラスが最適です。

加湿器をつけていない冬の室内の湿度は30~35%。

お肌に良いとされるのは60%前後なので、これじゃあカピカピに乾いちゃいます。

特に30代以降のお肌は、皮脂の分泌量が少なくなる一方なので外的刺激を受けやすくなっています。

油断してるとひと冬で小じわやほうれい線が増えてしまって、そのまま定着してしまうことに。

そこで食事や運動で健康な体を保つことはもとより、生活習慣や環境を見つめなおしてお肌に良い状態を意識することが大切ですね。

なので自宅でのスキンケアには、加湿器による湿度調整がマストアイテム。

それに加えて、お肌の状態に合わせてスキンケア用品の使い方を工夫することも大切ですね。

乾燥気味のお肌の保湿効果を高める効果的なエムキュアプラスの使用法

万田酵素の植物発酵エキスによって潤す力に定評のあるスキンケアラインは、使い方次第で、その効果を何倍にも高めることができます。

お顔全体の乾燥対策

ジェリー美容液の使用量の目安は1回にパール粒大3個分。

洗顔料と化粧水のあとジェリー美容液をお顔全体になじませて1~2分おきます。

その後通常の半分くらいの量をもう一度なじませ、保湿乳液でフタをします。

目元・口元の乾燥にはエムキュアプラス保湿クリームを。

特に乾きやすい目元・口元には、朝のケアに夜用クリームを取り入れるのも効果的。

少量を指先に取りやさしくなじませます。

メイク前の一手間

重ね塗りなどでベタつきが心配なときには、なじんだ後にティッシュで軽く押さえましょう。

メイクのヨレ防止にも効果的です!


エムキュアプラスを効果的に使って、冬枯れ知らずのふっくら肌を保ちましょう!



「渇水肌」にご用心!

梅雨の雨がほこりっぽい春の空気を洗い流した後は、あっという間に夏がやってきます。

高い湿度と熱気で肌はベタベタに‥。

でも、そんなジットリ感に惑わされていると、夏場特有の「渇水肌」になってしまうかもしれません。 

湿度・温度ともに高い夏場は肌表面の「乾燥感」が少ないため、あまり保湿に気を使わないという人も多いのではないでしょうか。

確かに、カラカラに乾燥した冬場とは違い、肌表面にはそれなりの水分があることは事実です。

ところが、これこそが意外な落とし穴なんです。

夏の肌は気づかないうちに肌の保水力が低下しがち。 

外気の湿度が高い夏場でも、冷房の効いた室内はぐっと湿度が下がります。

ところが、汗のあとのべ夕つきなど、肌表面に残る水分や皮脂がもたらす「しっとり感」があるために、肌の内側で進行している乾燥に気づかないことが多いのです。

また、強い紫外線の影響により肌内部の保水力が低下したり、汗をかくことでも、肌の乾燥につながります。

洗顔のしすぎも禁物で、1日3回以上の過度な洗顔は控えた方が無難です。

汗はこまめに柔らかいタオルで軽く押さえ、肌の清潔を保ちましょう。

また、重いクリームは控えめにして、軽めの使用感のジェル化粧水をたっぷり使って保湿をするのがおすすめです。

エムキュアプラスのスキンケアラインでお手入れして、貯水肌へと導きましょう!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ